認定病院


広島県西部認知症疾患医療センター

センター長の挨拶

 この度、メープルヒル病院では、認知症に関する様々なご相談や治療に対応できる専門機関として、国および広島県からの指定を受け、『認知症疾患医療センター』を開設する運びとなりました。
75歳以上の高齢者人口の増加が今後予想されており、それに伴い懸念されているのが認知症疾患の増加です。認知症は、誰でも発症する可能性のある病気であり、早期診断・早期治療が非常に重要です。専門医の診断に基づく治療や予防策により、症状の進行を遅らせ、より安定した生活を送ることができるからです。また、中には慢性硬膜下血腫や、脳腫瘍、正常圧水頭症など、治療で治る認知症もあります。認知症の進行に伴って、徘徊や暴言・暴力、拒食など様々な問題が見られますが、治療や環境の調整により、対応していくことができます。介護で疲れ果てる前に、是非早めにご相談下さい。
この他、専門スタッフによる専門医療相談(初診前医療相談)機能や、訪問看護等を活用した在宅支援機能、そして保健医療・介護機関等との連携や、関係者への研修会を通じた 技術援助機能などにより、地域における認知症疾患の保健医療水準の向上に寄与して参りたいと考えております。



いつでもお気軽にご相談下さい。


・認知症になったのか判別が付きにくい
・もの忘れの評価をしてほしい
・家事ができなくなった
・帰り道がわからなくなった
・ありもしないことを言い出す
・物を盗られたと騒ぐ
・夜に誰かが来たと言って騒ぐ
・施設入所中で、間違えて他の部屋に入る
・入院中で、他入院者の点滴をさわる
以上のような事でお悩みの際はお気軽にご相談下さい。



当院は 平成22年7月20日に広島県地域拠点型認知症疾患医療センターの指定を受けました。

診療は原則として予約制となっていますので、まずはお電話で御相談ください。

認知症疾患医療センター外来
(予約制)

-

Copyright (c) 2004-2010 Tijinkai Co.,Ltd. All Rights Reserved.