認定病院


メープルヒル病院



 健康とは、身体面・精神面・社会面の3つの軸において、良い状態であることです。いかなる病気や障害も相互に影響を及ぼしますので、3つの軸においてトータルに理解し治療と支援を行なうことを当院の理念としています。この理念のもとに、医療(内科・神経内科・精神科・歯科)とリハビリテーション(理学療法・作業療法・言語聴覚療法・心理療法)を総合的に組合せ、ご家庭に復帰できるようお世話をさせて頂きます。在宅と施設をつなぐ一貫した医療・リハビリ体制をとっており、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションなどの職員が在宅療養をサポートさせて頂きます。認知症に関するご相談や治療に対応できる専門機関として、国及び広島県から広島県西部認知症疾患医療センターの指定を受けております。早期相談・早期治療や各関係機関との連携や研修・援助なども行います。また、隣接して病院と在宅の中間施設である「介護老人保健施設ゆうゆ」を運営しています。さらに、「一体型指定共同生活介護事業所あいきらきらホーム」と「地域活動支援センターみらい」も併設し、患者様の自立と社会参加の促進を支援いたします。行者山を背に建つ当院は、風光明媚な安芸の宮島を眺望する、穏やかな瀬戸内の光の中にあります。建坪約7500坪の施設群を備え、人間性を尊重した介護をベースに患者様のクオリティ・オブ・ライフ(QOL・生活の質)の向上に取り組むことによって、地域社会のニーズに応え、地域社会に貢献していくことを目指しています。


メープルヒル病院外観(新館)

本 館
生活機能回復訓練室
(メープルホール)

外 来
Copyright (c) 2004-2010 Tijinkai Co.,Ltd. All Rights Reserved.